· 

端午の節句

こどもの日はどう過ごしますか?

札幌市中央区放課後等デイサービスキッズアシスト
端午の節句に菖蒲湯・柏餅・ちまき・鎧兜

端午の節句

奈良時代から[「端午の節句」のお話を少し。

5月は午(うま)の月と言われていました、数字の5と午を「ご」と呼ぶことから五月五日を端午の節句と呼ぶようになったそうです。

故事が由来となっています。どこの親も男の子の出世を願っているのですね。

また、鎧兜や五月人形を贈る風習がありますね。鎧兜は自身の身を守るもの。端午の節句で飾る鎧兜には、子どもが安全に過ごせるような願いが込められています。

五月人形は桃太郎や金太郎をモデルにしたものなどがあり、人形のようなに強く育ってほしいという願いが込められています。

菖蒲湯・柏餅・ちまき

菖蒲湯は厄を払い除のけ健康に過ごせるように祈願して入浴するようになりました。

柏の葉は、他の新しい葉が生えてくるまで古い葉が落ちないことから、家系が絶えない子孫繁栄を願いかしわ餅を食べてその子が家を守っていくことを祈願されています。

ちまきは中国の偉人である屈原(くつげん)が、5月5日に川に身を投げ、民衆が楝樹(せんだん)の葉で餅を包み五色の糸で縛って供えていたという説が有力と言われています。

北海道はべこもちを食べますが、由来はわかりませんのでどなたかわかっていらっしゃればコメントください。